--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

03.15

« 宇野昌磨・田中刑事選手は…2014世界Jr選手権FS結果・動画 »

昨日の女子SP(結果はこちら) に続き本日は2014世界ジュニアフィギュアスケート選手権・男子FS(フリー)が行なわれます。男子SP(結果はこちら)


(日本時間)2014年3月15日 20:00~ 男子FS


SP結果ベスト10 得点 FS滑走順


  • 1位:ナム・グエン(Nam NGUYEN)カナダ 72.87 23番目 
  • 2位:金 博洋(Boyang JIN)中国 71.51 21番目
  • 3位:宇野昌磨(Shoma UNO)日本 70.67 22番目
  • 4位:田中刑事(Keiji TANAKA)日本 70.57 19番目
  • 5位:アレクサンドル・ペトロフ(Alexander PETROV)ロシア 69.72 24番目
  • 6位:ネイサン・チェン(Nathan CHEN)アメリカ 69.65 20番目
  • 7位:アディアン・ピトキーエフ(Adian PITKEEV)ロシア 68.76 14番目
  • 8位:張鶴(He ZHANG)中国 67.72 13番目
  • 9位:ジョーダン・ミュラー(Jordan MOELLER)アメリカ 66.38 15番目
  • 10位:ペトル・クーファル(Petr COUFAL)チェコ 63.92 18番目

全24選手が出場するFS、SP上位10名の滑走順はこのようになります。

私が個人的に注目しているピトキーエフ選手ですがSPでは7位、得点は68.76と彼にしては低い点数ですが、FSも安定していい演技を見せてくれますし、そこまで悲観するような位置ではないと思います。まだまだ入賞狙って頑張ってほしいですね。

1位のナム・グエン選手はここ数大会で非常に伸びてきている選手で、SPでは自己ベストを更新しました。しかし、このままの順位をキープできるかというと厳しいかなと思います。では1位は誰になるか…というと同じくSPで自己ベストを更新した2位の金 博洋選手が優勝すると予想はしています。ここ最近の彼はかなりFSが良いです。それが明暗をわけると思っています。宇野昌磨選手、田中刑事選手も良いですがFSが他の上位選手よりやや劣ると感じるので、入賞はやや厳しいかなと思います。ただ、この二人ならば宇野選手の方が可能性はあるとは感じます。その他では6位のネイサン・チェン選手が上がってくるでしょうか。彼は安定感バツグンなので他がこけたら1位もあるかもしれませんね。


総合順位予想

1位-3位:金 博洋選手
1位-5位:ナム・グエン選手 ・アディアン・ピトキーエフ選手・ネイサン・チェン選手・アレクサンドル・ペトロフ選手
3位-7位:宇野昌磨選手
5位-7位:田中刑事選手


こんな感じで勝手に予想を立ててみました。とてもアバウトな感じですけどね。。個人的には日本勢とピトキーエフ選手を応援していますので入賞、できれば1位になってほしいです♪また、結果や動画・映像は追記します


追記

2014世界ジュニアフィギュアスケート選手権・男子FS結果がでたのでベスト10を発表。

  • 1位:ナム・グエン(カナダ)144.19
  • 2位:アディアン・ピトキーエフ(ロシア)143.75
  • 3位:ネイサン・チェン(アメリカ)142.38
  • 4位:アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)140.31
  • 5位:宇野昌磨(日本)135.83
  • 6位:金 博洋(中国)132.13
  • 7位:デニス バシリエフ(ラトビア) 126.83
  • 8位:田中刑事(日本)122.19
  • 9位:ジョーダン・ミュラー(アメリカ)121.76
  • 10位:ダニエル・サモーヒン(イスラエル)120.64

このような結果になりました。総合順位や詳しい感想は関しては新しい記事で書きます。
結果・採点の詳細は下記画像からどうぞ。


2014世界ジュニア選手権男子FS結果採点

動画・映像


1位:ナム・グエン選手


2位:アディアン・ピトキーエフ選手


3位:ネイサン・チェン選手


5位:宇野昌磨選手


8位:田中刑事選手



関連記事

●オススメ。ニュース・記事トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。