--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

03.03

« 2014年「第86回アカデミー賞」結果発表「風立ちぬ」の受賞は!? »

第86回アカデミー賞」の受賞式が行われました。その結果を発表いたします。宮崎駿監督の最後の長編アニメーション監督作「風立ちぬ」は受賞できるでしょうか。


一部の作品にはレビューサイトの評価も載せています。海外の評価はIMDB(インターネット・ムービー・データベース)、日本の評価はallcinemaとYahoo!映画の点数を記載。IMDBのみの作品は日本でまだ公開されていない作品です。また、allcinemaに関しては載せていない場合もありますし、載せていても新しい作品が多くyahoo!映画に比べてレビュー数がかなり少ない場合もあり、あまり参考にならないので了承ください。点数は20140303現在。




  • 助演男優賞

  • 【受賞】
    『ダラス・バイヤーズクラブ』ジャレッド・レト
    【ノミネート】
    「キャプテン・フィリップス」バーカッド・アブディ
    「アメリカン・ハッスル」ブラッドリー・クーパー
    「それでも夜は明ける」マイケル・ファスベンダー
    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」ジョナ・ヒル
    「ダラス・バイヤーズクラブ」ジャレッド・レト


  • 衣装デザイン賞

  • 【受賞】
    『華麗なるギャツビー』キャサリン・マーティン
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」マイケル・ウィルキンソン
    「グランド・マスター」ウィリアム・チャン
    「華麗なるギャツビー」キャサリン・マーティン
    「The Invisible Woman」マイケル・オコナー
    「それでも夜は明ける」パトリシア・ノリス


  • メイクアップ・ヘアスタイリング賞

  • 【受賞】
    『ダラス・バイヤーズクラブ』
    【ノミネート】
    「ダラス・バイヤーズクラブ」
    「ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中」
    「ローン・レンジャー」


  • 短編アニメ映画賞

  • 【受賞】
    『Mr. Hublot』
    【ノミネート】
    「Feral」
    「Get a Horse!」
    「Mr. Hublot」
    「まほうのほうき (原題:Room on the Broom)」
    「九十九」


  • 長編アニメ映画賞

  • 【受賞】
    『アナと雪の女王』
    【ノミネート】
    「クルードさんちのはじめての冒険」IMDB:7.3/10
    「怪盗グルーのミニオン危機一発」IMDB:7.6/10
    「アーネストとセレスティーヌ」IMDB:7.8/10
    「アナと雪の女王」IMDB:8.0/10
    「風立ちぬ」IMDB:8.1/10・allcinema:6.43/10・YAHOO!映画:3.33/5




  • 視覚効果賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』 
    【ノミネート】
    「ゼロ・グラビティ」
    「ホビット 竜に奪われた王国」IMDB:8.2/10・YAHOO!映画:4.02/5
    「アイアンマン3」IMDB:7.4/10・YAHOO!映画:3.89/5
    「ローン・レンジャー」IMDB:6.6/10・YAHOO!映画:3.61/5
    「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 IMDB:7.9/10・YAHOO!映画:4.01/5


  • 短編実写映画賞

  • 【受賞】
    『Helium』
    【ノミネート】
    「Aquel No Era Yo(英題:That Wasn’t Me)」
    「全てを失う前に (原題:Avant que de tout perdre)」
    「Helium」
    「結婚式の朝 (原題:Pitaako mun kaikki hoitaa?)」
    「The Voorman Problem」


  • 短編ドキュメンタリー賞

  • 【受賞】
    『The Lady in Number 6: Music Saved My Life』
    【ノミネート】
    「CaveDigger」
    「Facing Fear」
    「Karama Has No Walls」
    「The Lady in Number 6: Music Saved My Life」
    「Prison Terminal: The Last Days of Private Jack Hall」


  • 長編ドキュメンタリー賞

  • 【受賞】
    『バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち』
    【ノミネート】
    「アクト・オブ・キリング」
    「キューティー&ボクサー」
    「Dirty Wars」
    「The Square」
    「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち 」


  • 外国語映画賞

  • 【受賞】
    『追憶のローマ』(イタリア)
    【ノミネート】
    「オーバー・ザ・ブルースカイ(ベルギー)」IMDB:7.8/10
    「追憶のローマ(イタリア)」IMDB:7.9/10
    「偽りなき者(デンマーク)」IMDB:8.3/10・YAHOO!映画:4.37/5
    「ザ・ミッシング・ピクチャー(英題)(カンボジア)」IMDB:7.4/10
    「オマール、最後の選択(パレスチナ)」


  • 録音賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』
    【ノミネート】
    「キャプテン・フィリップス」
    「ゼロ・グラビティ」
    「ホビット 竜に奪われた王国」
    「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
    「ローン・サバイバー」


  • 助演女優賞

  • 【受賞】
    『それでも夜は明ける』ルピタ・ニョンゴ【ノミネート】
    「ブルージャスミン」サリー・ホーキンス
    「アメリカン・ハッスル」ジェニファー・ローレンス
    「それでも夜は明ける」ルピタ・ニョンゴ
    「8月の家族たち」ジュリア・ロバーツ
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ジューン・スキッブ


  • 音響編集賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』
    【ノミネート】
    「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」
    「キャプテン・フィリップス」
    「ゼロ・グラビティ」
    「ホビット 竜に奪われた王国」
    「ローン・サバイバー」


  • 撮影賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』エマニュエル・ルベツキ
    【ノミネート】
    「グランド・マスター」フィリップ・ル・スール
    「ゼロ・グラビティ」エマニュエル・ルベツキ
    「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 
    「名もなき男の歌」ブリュノ・デルボネル
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」フェドン・パパマイケル
    「プリズナーズ」ロジャー・ディーキンス


  • 編集賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』アルフォンソ・キュアロン 、 マーク・サンガー
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」ジェイ・キャシディ 、 クリスピン・ストラザーズ 、 アラン・ボームガーテン
    「キャプテン・フィリップス」クリストファー・ラウズ
    「ダラス・バイヤーズクラブ」ジョン・マック・マクマーフィ 、 マーティン・ペンサ
    「ゼロ・グラビティ」アルフォンソ・キュアロン 、 マーク・サンガー
    「それでも夜は明ける」ジョー・ウォーカー


  • 美術賞

  • 【受賞】
    『華麗なるギャツビー』
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」
    「ゼロ・グラビティ」
    「華麗なるギャツビー」IMDB:7.4/10・Yahoo!映画 :3.73
    「her 世界でひとつの彼女」
    「それでも夜は明ける」


  • 歌曲賞

  • 【受賞】
    "Let It Go ~ありのままで~"『アナと雪の女王』
    【ノミネート】
    “Alone Yet Not Alone”「Alone Yet Not Alone」
    “Happy”「怪盗グルーのミニオン危機一発」
    “Let It Go~ありのままで~”「アナと雪の女王」
    “The Moon Song”「her 世界でひとつの彼女」
    “Ordinary Love”「マンデラ 自由への長い道」


  • 作曲賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』スティーブン・プライス
    【ノミネート】
    「やさしい本泥棒」ジョン・ウィリアムズ
    「ゼロ・グラビティ」スティーブン・プライス
    「her 世界でひとつの彼女」オーウェン・パレット 、 ウィル・バトラー
    「あなたを抱きしめる日まで」アレクサンドル・デプラ
    「ウォルト・ディズニーの約束」トーマス・ニューマン


  • 脚色賞

  • 【受賞】
    『それでも夜は明ける』ジョン・リドリー 【ノミネート】 
    「ビフォア・ミッドナイト」リチャード・リンクレイター 、 ジュリー・デルピー 、 イーサン・ホーク
    「キャプテン・フィリップス」ビリー・レイ
    「あなたを抱きしめる日まで」スティーブ・クーガン 、 ジェフ・ポープ
    「それでも夜は明ける」ジョン・リドリー
    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」テレンス・ウィンター


  • 脚本賞

  • 【受賞】
    『her 世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」エリック・ウォーレン・シンガー 、 デビッド・O・ラッセル
    「ブルージャスミン」ウッディ・アレン
    「ダラス・バイヤーズクラブ」クレイグ・ボーテン 、 メリッサ・ウォーラック
    「her 世界でひとつの彼女」スパイク・ジョーンズ
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ボブ・ネルソン


  • 主演男優賞

  • 【受賞】
    『ダラス・バイヤーズクラブ』マシュー・マコノヒー
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」クリスチャン・ベール
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ブルース・ダーン
    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」レオナルド・ディカプリオ
    「それでも夜は明ける」キウェテル・イジョフォー
    「ダラス・バイヤーズクラブ」マシュー・マコノヒー


  • 主演女優賞

  • 【受賞】
    『ブルージャスミン』ケイト・ブランシェット
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」エイミー・アダムス
    「ブルージャスミン」ケイト・ブランシェット
    「ゼロ・グラビティ」サンドラ・ブロック
    「あなたを抱きしめる日まで」ジュディ・デンチ
    「8月の家族たち」メリル・ストリープ


  • 監督賞

  • 【受賞】
    『ゼロ・グラビティ』アルフォンソ・キュアロン
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」デビッド・O・ラッセル
    「ゼロ・グラビティ」アルフォンソ・キュアロン
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」アレクサンダー・ペイン
    「それでも夜は明ける」スティーブ・マックイーン
    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ


  • 作品賞

  • 【受賞】
    「それでも夜は明ける」
    【ノミネート】
    「アメリカン・ハッスル」IMDB:7.6/10
    「キャプテン・フィリップス」IMDB:8.00/10・allcinema:8.00/10・YAHOO!映画:4.25/5
    「ダラス・バイヤーズクラブ」IMDB:8.00/10
    「ゼロ・グラビティ」IMDB:8.2/10・allcinema:9.00/10・YAHOO!映画:3.96/5
    「her 世界でひとつの彼女」IMDB:8.3/10
    「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」IMDB:7.9/10
    「あなたを抱きしめる日まで」IMDB:7.8/10
    「それでも夜は明ける」IMDB:8.3/10
    「ウルフ・オブ・ウォールストリート」IMDB:8.5/10・allcinema:9.00/10・YAHOO!映画:3.48/5


いかがでしたでしょうか。皆さんのお気に入りの作品は受賞していましたか?こうして見てみると一番注目の作品賞こそ「それでも夜は明ける」に譲りましたが、ノミネート10部門で監督賞始め7部門で受賞した「ゼロ・グラビティ」は素晴らしいの一言につきます。話題作ですので見に行かれた方も多いと思います。3D上映での浮遊感、映像美の体験は新たな映画の可能性を感じました。反対に同じく10部門でノミネートされていた「アメリカン・ハッスル」(デビッド・O・ラッセル監督)は無冠に終わってしまいました。


さて、期待されていた宮崎駿監督の「風立ちぬ」は受賞を逃してしまいましたね。日本以上に海外で評価されていた作品ですので残念です。この長編アニメ映画賞を受賞したディズニー「アナと雪の女王」ですが、日本ではまだ上映されていませんので知らない方も多いのではないでしょうか。アメリカでは昨年11月に封切され高い評価を集めていた作品です。日本での公開は2014年3月14日からですが、恐らく今回の受賞で日本でも話題作となるはずです。気になる方は見に行かれてはいかがでしょうか(上記に予告編をのせているのよけれはどうぞ拝見ください。)。また、森田修平監督の短編アニメ映画「九十九」も受賞を逃しました。


今回のアカデミー賞ノミネート・受賞作品もいずれはこちらのブログでレビュー・紹介もさせて頂こうと思っています。では長文になりましたが、このあたりで。





関連記事

●映画トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

「ゼロ・グラビティ」
私も劇場でみてきました!
非常に丁寧に「無重力・極限状態での孤独」という世界観を描いていたと思います。見ている私自身も息苦しくなりました(笑)

賞のほとんどを取ってしまうとはすごいですね…!

ゆきんこ:2014/03/03(月) 23:31:01 | URL | [編集]

ほんとに凄いですよね。
欲を言えば3dのさらに上の4dxで体験してみたかったです(((^_^)

めろめいろ:2014/03/04(火) 00:16:07 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。