--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

03.02

« 「ファーゴ」75点。オススメ映画レビュー・感想「人間はおかしくて、哀しい」 »

 「人間は おかしくて、哀しい」 


今回紹介するオススメ映画レビュー・感想は「ファーゴ」です。


ジャンル

サスペンス・ミステリー

キャスト

マージ・ガンダーソン(フランシス・マクドーマンド),カール(スティーヴ・ブシェミ), ジェリー・ランディガード(ウィリアム・H・メイシー),グリムスラッド (ピーター・ストーメア),ウェイド(ハーヴ・プレスネル),ノーム・ガンダーソン(ジョン・キャロル・リンチ)

監督

ジョエル・コーエン

制作

イーサン・コーエン

脚本

コーエン兄弟

公開

1996年(全米)

上映時間

98分



あらすじ


「これは実話の映画化である。実際の事件は1987年ミネソタ州で起こった。」本編冒頭より


1987年、ミネソタ州ミネアポリス。自動車ディーラーのジェリー・ランディガードは、資金繰りに困っていた。そこで自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義理の父親から身代金をいただこうと考えた。誘拐は自分の手でなく、会社の従業員であり整備工の男から紹介してもらった、2人組カールとグリムスラッドに依頼した。変な顔のカールと、無口で無愛想なグラムスラッドは妙な二人組だった。その後、彼らはすぐにジーンを自宅から誘拐した。しかし、その隣町へ向かっている途中、パトロール中の警官に怪しまれ降車を命ぜられる。2人はその警官と目撃者を銃殺した。翌朝、この事件の捜査に向かったのは妊娠中の女性署長のマージ・ガンダーソンだった。しかし、彼女が捜査を進めるその間にも、狂い始めた誘拐計画は新たな犠牲者を生み出すのだった。



評価

海外での評価はIMDb(インターネット・ムービー・データベース)で8.2/10と高め。

日本のレビューサイトでもallcinemaが7.67/10、YAHOO!映画が4.02/5とこちらも良い評価。

本作はアカデミー賞の主演女優賞、脚本賞の2部門受賞、7部門にノミネートされた。その他にも数々の賞にノミネート、受賞しており、その中でもインディペンデント・スピリット賞では、候補になった6部門全てを受賞すると言う快挙を成し遂げた。日本でも1996年度のキネマ旬報外国語映画ベスト・テン第4位に入った。

アメリカ国立フィルム登録簿に2006年登録。フィルムを国が保管することになった。また、アメリカ映画協会(AFI)が選んだアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100(2003年)で、ヒーロー部門第33位に女性署長のマージ・ガンダーソンがランクイン(ちなみにヒーロー1位はアティカス・フィンチ:アラバマ物語 悪役1位はハンニバル・レクター:羊たちの沈黙)。本作は「ノーカントリー」と並ぶコーエン兄弟の代表作である。
点数は20140302現在

テレビシリーズ

本作はアメリカで全10回のTVドラマシリーズの放送が決まっている。初回はは2014年4月15日用放送予定。出演者はビリー・ボブ・ソーントン、マーティン・フリーマン、コリン・ハンクなど。


解説・感想

この映画は何度か見ましたが、誘拐や殺人という非日常にマージの日常挟み込むことで日常に潜む恐ろしさを上手く出していると思います。

また、コーエン兄弟らしい映画だったな感じます。まず通常多くの映画は物語が進むに連れて盛り上がり、終盤で最高潮に達するということが多いですが、この映画はそういう流れではないですし、大きく盛り上がるところもないです(ラストは少しショッキングなシーンもでるが)。だからといって退屈な映画と言っているのではありません。物語は終始、不気味さと日常性とユーモア(ややブラックな)に満ちています。この独自の雰囲気を作れるのがコーエン兄弟なのです。これを受けいれて良いと感じれるか否かで評価は変わってくるでしょう。

メインキャラクターは皆個性が強く印象に残ってます。特に暴力と不気味さを体現しているグリムスラッドが強烈ですね。また、マージ役のフランシス・マクドーマンドは監督のジェエル・コーエンと1994年に結婚しています。ということは奥さん主演で映画を作ったわけですね。身内を起用するのは憚るところがあったと思いますが、アカデミー賞主演女優賞受賞と結果を出した彼女は凄いですね。

これから見る人はポール・バニアン(バニヤン)の像にも注目してみてください。キコリの像で劇中目立つよう登場するのですぐわかると思います。この像、意味がちゃんとありますので。


総括

見てみて面白くないと感じるのであればコーエン兄弟の映画は向いてないです。素直に違う監督の映画をみましょう。もしくはコーエン兄弟作品の中では「トゥルー・グリット」や「赤ちゃん泥棒」は本作より一般受けしそうなのでそれらの作品を見てもいいと思います。点数75点


ではでは
関連記事

●映画トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。