--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

02.25

« 「モールス」クロエ主演映画。この20年のアメリカでNO1スリラー »

この20年のアメリカでNO1のスリラー


スティーヴン・キング

あの有名モダンホラー小説家のスティーヴン・キングがこうコメントしています。

今回紹介するのは日本でも人気が出てきているハリウッド女優「クロエ・グレース・モレッツ」主演の 映画『モールス』です。


キャスト

アビー(クロエ・グレース・モレッツ),オーウェン(コディ・スミット=マクフィー), 父親:(リチャード・ジェンキンス), 刑事:(イライアス・コティーズ)

監督・脚本

マット・リーヴス(代表作:モールス、クローバーフィールド/HAKAISHA )


ストーリー


ある病院に酸の浴びて大やけどの男性が運ばれてきた。この男性はかなりの重症。話すことさえできない。彼がいた病室は高所で、そこにいた刑事が目を離したとき、彼は地上の雪に埋もれて死んでしまってた。なぜ死んでしまったのか。筆談用に置かれていたメモには「すまない アビー」と残っていた…


ある雪で閉ざされた町にオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)という少年が住んでいた。彼は学校でいじめにあっている孤独な少年だった。さらに家庭環境も良好ではなく両親は離婚し母親と2人で暮らしている。そんな日常の中、ある日隣にアビー(クロエ・グレース・モレッツ)という少女が引っ越してきた。オーウェンとアビーは夜の団地の中庭で偶然か必然か知り合うことになる。彼女は靴もはかず裸足でミステリアス、そしてオーウェンと同じように孤独な雰囲気をだしいる。2人は何度か会っているうちにしだいに仲良くなり、部屋の壁を挟んでモールス信号で連絡を取り合うまでになった。そんな中、町では猟奇殺人事件が発生し…。


「私のこと好き?たとえ、普通の女の子じゃなくても?」




評価


Rotten TomatoesとMetacritic(共に海外の有名レビューサイト)では2010年に全米で公開された中で最も高い評価を集めた映画トップ10に入りジャンルをホラーに限定するとトップです。また、CNN(アメリカ大手ケーブルテレビ局)でも批評家による2010年の優秀な映画トップ10入りしてます。上記のようにスティーブン・キングの絶賛(少し大げさなコメントだが)もあります。

日本のレビューサイトでもallcinemaが7.5/10、YAHOO!映画が3.8/5と比較的良い評価です。

またクロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィーや『モールス』が様々な映画賞にノミネート、受賞もしています。


その他・感想


この作品は「ぼくのエリ 200歳の少女(原作:MORSE -モールス-)」というスウェーデンの作品のハリウッドでの再映画化作品になります。劇場公開は2010年にアメリカで、日本は2011年です。クロエ・グレース・モレッツがヒットガール役で有名になった「キック・アス」も2010年に公開されていますね。2014年2月22日に「キック・アス」の続編「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」が日本で公開になりましたので私も早く見に行きたいです。

さて、映画を紹介するときはネタバレは絶対したくないので、少しそっけない感想になってしまいますが了承ください。私が感じるこの映画の魅力は雰囲気です。私雪景色の見れる映画が好きなんですよ。雪景色に静かで美しい音楽、これだけで結構満足できてしまうんですよね。もちろん、ストーリーも良いですよ。イジメ問題を含め色々な社会問題について描いている面も感じられます。

ジャンルはホラー・スリラーですが怖さはほとんどないです。少しグロさはありますけど、よほど苦手な人でなければ問題ないでしょう。ラブ要素はややありますかね。

パッケージ裏に「切なくて恐ろしいイノセント・スリラー」とありますが、私のなかでは「美しくて切ないイノセント・スリラー」のほうがしっくりきます。そんな作品でした。

クロエちゃんが好き、雪景色が好き、美しさ切なさ少しのスリルを味わいたい人は見てみて損はないと思います。それ以外の人も評価は高い映画ですのでハズレになる可能性は低いでしょう。

ちなみに私は映画を見るとかならず点数をつけているのですが、『モールス』は100点満点で75点です。


ではでは

関連記事

●映画トラックバック(0)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

「モールス」って面白そうな映画ですね。
今度観てみます。

今から楽しみです。(笑)

神崎和幸:2014/02/25(火) 16:53:47 | URL | [編集]

モールスって以前CMで見た気がしますねぇ。
俺はホラーとかスリラーは全く駄目で見れませんが・・
そんなこと言いつつも羊たちの沈黙とハンニバルは見たんですけど・・w

パニックルーム・・でしたっけ?
あれも見てないんですけど、なんとなく同じような雰囲気を感じました。
モールス信号が鍵なんでしょうね。
そして何故大やけどの男が雪に埋もれて死んだのかも気になりますね。

映画とか久しく見てないですねぇ・・w

R2:2014/02/26(水) 01:48:02 | URL | [編集]

「羊たちの沈黙」と「ハンニバル」好きですよ私♪その次作の「レッドドラゴン」も楽しめました。エドワード・ノートンが出ててさすがの演技でしたね^^
「パニックルーム」はデヴィッド・フィンチャーの作品なんで見てみたいけど見たことないんですよ。同じような雰囲気なのかな?見てみようかな今度。
是非映画久しぶりにみてください笑

めろめいろ:2014/02/26(水) 02:13:29 | URL | [編集]

神崎さんの好みに合うかわからないですけど是非見てみてください^^神崎さんはミステリーやヒューマンドラマ系が好きそうなイメージがあります

めろめいろ:2014/02/26(水) 02:15:52 | URL | [編集]

ちょっと怖いのだったりすんごい気持ち悪い
感じのシーンがあると

(大丈夫・・これは演技だから・・・
 みんな本当は元気だし・・) 

って思うようにしてます。

marine:2014/02/28(金) 01:56:45 | URL | [編集]

確かにそうですね笑。苦手な人はそう思うことで少し気が楽に見れますね。楽しみましょう(^_^)

めろめいろ:2014/02/28(金) 04:03:57 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。