--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2014

02.19

« 映画は好きですか? »

皆さんは映画は好きですか?


この質問に嫌いという人はあまりいないのではないでしょうか。そのくらい映画は老若男女誰でも楽しめ、そして身近にある娯楽です。私は映画が大好きで、映画館でも自宅でもよく鑑賞します。多いかはわかりませんが、年100本以上は鑑賞しますので少なくはないと思います。


そんな私が今回言いたいのは多くの人に映画をもっともっと好きになってほしいということです。昔に比べたくさんの娯楽が世の中に登場してきました。一人で楽しむならテレビゲームやインターネット、外へ出るなら私の好きなカラオケも代表的な娯楽の一つでしょう。カラオケはどこにでもあり、比較的安価で誰でも楽しむことができます。しかし、このような多くの娯楽の中でも映画には他に負けない魅力がたくさんあると感じています。具体的にあげてみましょう。


  • 非日常を体験できる。

  • 例えばSF作品ではエイリアンがでてきたり、スリラーやサスペンスと行ったジャンルでは殺人事件は当たり前。これらは日常ではないですよね。殺人事件に関しては日々ニュースで流されてはいても、多くの人は当事者ではなく、言葉は悪いですが他人事に感じている部分はあると思います


  • 気分やシーンにより見る映画を決めることができる。
  • 落ち込んでる時は明るく楽しい映画を、スリルを味わいたいときはサスペンスを、カップルで見るなら恋愛映画を。このようにその時の気分や状況により選択する映画を変えることにより、気分転換やリフレッシュできる。


  • 映画から何かを感じる。
  • 映画の製作者は何らかの意図をもって作品を作っています。その中には人種差別問題や戦争の虚しさ、決断の大事さ…など様々なメッセージが込められています。それらを自身で考えることによって何か感じるものがあるはずです。


  • 映画には歴史が詰まっている。
  • 映画には100年以上の長い歴史があります。日本ではテレビの普及より前から映画館で鑑賞されてきました。昔の映画をみることで当時の様子を知ることもできます。


このような魅力があります。その他にもお気に入りの俳優さんや監督さんの作品楽しむというのもいいですね。また、カップルで映画館に行き、その後の食事で鑑賞した映画の話で盛り上がるのも良いでしょう♪


さて、映画と似た魅力がある娯楽としては小説が上げられます。似ていますが表現の方法はまったく違います。映画は映像と音で表現しますが、小説は活字のみで表現しなければいけません。小説の方が表現は細かく繊密にできると感じます。ですので、そのような表現が必要な作品は小説が向いており、アクションなどエンターティメントな作品は映画が向いていると思います。ただ、最終的には作り手の能力や見る人の感性にもよってはくるのではないでしょうか。私は小説も好きでよく読んでいます。


映画の鑑賞法は映画館がベストです。大画面で音響の良い中で鑑賞できるのは幸せです。あと席についてNO MORE 映画泥棒がでてくるとあぁ映画館だな~と思います笑。自宅で一人で見るのならばイヤホンかヘッドホンで見るのが没入できて良いです(サラウンドシステムが組んであればそちらでもいいが)。


最後に私は多くの映画の見てきましたが映画といえばこれ!という一番オススメの作品を紹介しておきます。

それは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。全部で3部作となっています。有名な作品なので見たことのある人は多いでしょうし、見たことない人でも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。バック・トゥ・ザ・フューチャーは本当に映画は娯楽なんだなと思える作品になっています。とても楽しくてワクワクする、そんな最高のエンターテイメントです。正直見たことない人が羨ましいくらいです。見たことない人は騙されたと思って一度見てみてください。近くのレンタルショップに置いてあると思いますので。もし、見たら是非感想を聞かせてほしいですね♪


次映画について書くときは好きなジャンル、俳優さん、監督さんについてお話します


ではでは



関連記事

●映画トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。